川崎駅西口の小さな料理教室

(だしを取った後の昆布を使って)切昆布の煮物

11月の和食レッスンでは

だしを取った後の昆布で作った
切昆布の煮物をご試食頂きました
kansei1

詳しい作り方を記載致します
参考にしてください
^-^

昆布は捨てたら勿体無いので
是非、作ってみてください♪

切昆布の煮物

By cocokitchen 公開: 11月 25, 2016

  • 準備時間: 10 分
  • 調理時間: 40 分
  • 出来上がりまでの時間: 50 分

だしを取った後の昆布 捨てずに冷凍して、溜まったら煮物にしましょう♪ たくさん消費できるように佃煮ではなく切昆布の煮物に!

材料

作り方

  1. だしを取った後の昆布は 冷めたら水気をきって、とりあえず冷凍保存 何回分か溜まったら、煮物にしましょう
  2. 自然解凍するか 水をかけて解凍 (水気をきります)
  3. 昆布の幅が広い場合は食べやすい 幅に切ります (繊維と平行に)
  4. 昆布を好みのサイズに刻みます (繊維に逆らって) キッチンバサミでも切りやすいです。 ぬめりがあり、すべるので手を切らないように 注意して下さい。
  5. 昆布だけ柔らかくなるまで煮ます (目安:30分位) 水100ccと酒50ccくらいを入れ 蓋をして蒸し煮にします (ルクルーゼやストウブなど、蓋の重たい お鍋は蒸し煮におすすめ) 途中で様子をみて、水分が足りなければ水を足しながら 蒸し煮にしてください(焦がさないように注意)
  6. 椎茸の軸(あれば) 11月の和食レッスンでは、椎茸のフライで残った椎茸の軸が大量発生したので加えました 石づきを取り、手で割きます (軸はすぐ使わない場合は、割いた状態で冷凍がおススメ) 解凍すると水っぽくなり、割くのが難しいため
  7. ニンジン(1/3本)、油揚げ(1枚)も用意します
  8. 昆布が柔らかくなったら、ニンジン、油揚げ、椎茸の軸を加え 混ぜ合わせます
  9. みりん、しょうゆ、砂糖などで味をつけます(お好みで) (今回は鴨ロースの残った煮汁で煮ました)
  10. クッキングシートの落し蓋をして さらに鍋の蓋をして、弱火で10分位煮ます
  11. 味をみて、足りなければ調整しながら。 ニンジンが柔らかくなって、全体に味が馴染んだら出来上がり

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


お知らせ・・・

◆2019年3月19日
【レッスン再開のご案内】
育児のため長い間お休みを頂きご迷惑をお掛け致しました。
少し遅くなりますが・・・
2019年6月から教室を再スタートさせて頂きます。
(6月・7月は夏の洋食レッスンの予定)
予約受付開始は1か月前(5月上旬頃)
3月末迄は時間が確保できないため
4月を準備期間とさせて頂きました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


◆2019年2月5日
娘の保育園が無事に決まりました。
(2019年4月から入園予定)
4月中旬又は5月頃からレッスンを
再開させて頂く予定でおります。
レッスンのご予約開始につきましては
また追ってご案内させて頂きます。


◆2018年12月4日
大変申し訳ありません。
来年1月2月レッスンの開催は中止させて
頂く事になりました。
育児の合間に時間を確保する事が非常難しく、
開催が困難なため。
こちらの都合で誠に恐縮ではございますが、 なにとぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。
なお、4月以降保育園に入園できましたら、
正式に再開する予定でおります。
開催が決定しました際には改めてご案内いたしますので、
よろしくお願い申し上げます。




クスパからもご予約可能です 料理教室検索クスパ